印刷のご入稿方法

トップ > 印刷のご入稿方法


印刷のご入稿方法

当社にご入稿いただく際は主に下記の3つの方法でお願いしております。

  • 完全データ入稿について
  • 手書き原稿入稿について
  • デザイン作成から入稿について

ご入稿いただく際は事前にご連絡ください。

お電話:075-791-6125

お問い合わせはこちら

ご注意事項

  • 作成データの内容確認を行うために画面コピー(スクリーンショット)や出力見本(出力データをプリントアウトしたもの)を一緒にお持ちください。
    ※校正が無い場合、データの確認が行えないために不具合が生じる場合があります。発生した不具合については弊社では責任を負いかねます。
  • 色見本や完成時に想定している色見本をお持ちください。色は見る人や環境によって見え方が異なります。色チップや出力見本をお持ちいただきましたら見本に近付けるよう調整いたします。
  • 印刷内容が公序良俗に反する場合(ピンクチラシ・ポスターなど)はお断りさせていただいております。
    ご了承ください。

対応アプリケーション

Mac OSX Windows
  • イラストレータ CS・CS2・CS3・CS4・CS5
  • インデザイン CS・CS2・CS3・CS4・CS5
  • フォトショップ CS・CS2・CS3・CS4・CS5
  • イラストレータ CS2・CS3・CS4・CS5
  • インデザイン CS2・CS3・CS4・CS5
  • フォトショップ CS2・CS3・CS4・CS5
Mac OS9 Office
  • イラストレータ 8.0
  • ページメーカー 6.5
  • クオークエクスプレス 3.3
  • ワード 2003・2007・2010
  • エクセル 2003・2007・2010
  • パワーポイント 2003・2007・2010

入稿データ・原稿につきましてのご注意

データ入稿(DTPデータ)

DTPソフト:アイコン

イラストレータ・フォトショップ・インデザイン・PDFなど
  • フォントのアウトライン化、ラスタライズ化はされていますか?
    弊社所有のフォントでない場合、文字化けを起こしたり、違うフォントに置き換わることがあります。
    PDFの場合、フォントの埋め込みを行ってください。
  • 3mm以上の塗り足しが必要:イメージ画像
  • 塗り足しはされていますか?
    印刷範囲が仕上がりサイズピッタリの場合、白場が出ないようにするために仕上がりより+3mmの余分を作成してください。
  • 文字位置は仕上がり線ギリギリではないですか?
    仕上がり線より内側3mm以上あけて文字等を配置するようにしてください。断裁位置がずれた場合に文字が切れてしまう恐れがあります。
  • ドキュメント設定は「CMYK」になっていますか?
    当社の印刷は「C(シアン)M(マゼンダ)Y(イエロー)K(ブラック)」の4色印刷で行います。
    RGB設定などですと、CMYKに直した際に色が濁って見える恐れがあります。
  • 罫線は塗りになっていませんか?
    罫線が塗りになっていると印刷されません。
  • 線幅、ptは大丈夫ですか?
    線幅最小0.3pt、フォント最小6ptまでの作成を行ってください。それより小さくなりますと印刷ができなかったり、文字が潰れて読めなくなります。

データ入稿(オフィスデータ)

オフィスソフト:アイコン

ワード・エクセル・パワーポイント・一太郎など
  • オフィスデータは体裁の崩れやフォントの置き換えが生じやすいため出力見本やスクリーンショットをお持ちください。
  • データが化けてしまわない安全なPDFファイル!:イメージ
  • 弊社ではPDFでの入稿を推奨しております。
    フォントの置き換わりや文字化け、画像のリンク切れを防ぐことができます。
    2007ver.以降ですとPDFでの保存が可能ですので、PDFでのご用意もお願いします。
  • 画像の解像度は300dpiありますか?
    写真を印刷するには必要な解像度があります。念のため撮影した元のjpgデータなどをお持ちください。

▲ページの先頭へ

手書き原稿

手書き原稿の注意点

手書き原稿:イメージ

  • 鉛筆など濃淡のある筆記具を使っていませんか?
    文字やイラストを書く時には鉛筆を使用すると濃淡にばらつきが生じ印刷で表現できないことがあります。
    サインペンなどの均一な濃さになるものをお使いください。
  • ラメペンやキラキラシールを使っていませんか?
    印刷で再現できる色範囲は限られています。ラメなどのキラキラ感は再現することができません。
  • 水彩絵の具など使用していませんか?
    淡い色は表現が難しく、場合により印刷で表現できないことがあります。

▲ページの先頭へ

デザイン作成からのご入稿

ご用意いただく原稿について

デザインイメージ

  • 内容はお決まりですか?
    必要な情報は手書きのメモやワードデータに打ち込む等、詳細を記載したものをお持ちください。
    (演奏会であれば、日時、場所、交通手段、演奏内容など)
  • デザインのイメージはございますか?
    おおまかなイメージや、文字情報の位置希望などをラフ画でお書きいただきお持ちください。
    色のご指示などもいただけますとイメージを反映しやすくなります。
  • 見本サンプルはございますか?
    イメージに近いサンプル(チラシや雑誌など)がありましたら是非お持ちください。
    イメージを掴みやすくなりますので、よりご希望のデザインに近いものをお作りいたします。
  • 素材はお持ちですか?
    写真素材だけではなく、背景にレース素材を使用して欲しいなどのご要望の際に、お手持ちのものがございましたらそちらをお使いする方がよりオリジナルなものをお作りすることができます。
    著作権等につきましては、あらかじめご確認ください。